低周波音の身体への悪影響とは……測定器の必要性

私たちの身の回りにある、”音”は必ず周波数という物を持っています。
周波数とは一秒間にその音が持っている振幅の回数をあらわします。

 

例えば1Hz(ヘルツ)であれば、1秒間に1回の振幅が起こっています。
その振幅の回数によって周波数が表現され、振幅の回数によって音の高さ(低さ)が変わってきます。

 

人間(ヒト)の聞こえる音の周波数は20Hz〜20000Hzとされています。
それ以下の周波数を持つ低音や、それ以上の周波数を持つ高音は音として認識することが出来ません。

 

一般的に低周波音とは100Hz以下の音を示します。

 

低周波音はどこにあるの?

私たちが生活をしている環境のどこにでも低周波音は存在しています。
低周波音(低音)は、高音に比べると、聞き取る為に大きな音が必要と言われます。

 

実際に私たちの生活においても、低周波音はいたるところに存在はしていますが、何か大きなトラブルを起こすということは一般的にはありません。
ところが、低周波音が共鳴をして、窓ガラスや机などのガタガタ音、ギシギシ音に繋がることもあります。
また、耳で聞き取ることは出来ませんが、身体はその音を感じ取っているとも言われます。
レンタルの測定器などで計測することにより、低周波音が原因かを確定させることも可能です。

 

聞こえない音ではありますが、その音がストレスとなって体調を崩すということも報告されています。
原因が分からないけれども、何かイライラしたりソワソワする状況を不定愁訴と呼びますが、その一つの原因とも言われることがあります。

 

低周波音で健康被害を訴える人もいます

 

エアコンや冷蔵庫、風力発電の風車、電車や自動車、トラックの冷凍庫、船舶のエンジンなど、私たちの周りには低周波音を発する環境は沢山ありますが、それらの音によって健康被害を訴える方もいます。
定期的な低周波音が大きなストレスとなって、頭痛やめまい、先述の不定愁訴などを訴える場合もあります。

 

これらの症状に対しての治療法は確立されておらず、原因を除去する以外に解決方法が無いという現状も問題視されています。

 

現在では公害として認定されていませんが、大気汚染や地盤沈下などと等しく、低周波音も公害として認定するべく動きがあることも事実です。

 

低周波音による健康被害が問題視されていますが、引っ越しなどで健康被害が改善されることもあり、今後の公衆衛生的な定義が待たれる状態ではあります。
長期間での低周波音は少なからず身体に影響が出るとされていますので、原因不明のイライラや頭痛などで悩んでいる方は一度、専門の医療機関に受診することをお勧めします。
場合によっては、測定器などを利用して原因が低周波音にあるのか調べてみる必要もあるでしょう。